« 桃の花 | トップページ | 春の川 »

2015年4月22日 (水)

ものの芽

新聞記者だった山崎豊子は何故作家になったのか。
真実を伝える時、真実であるがゆえに
いろいろな制約が出てくる。
.
でも、小説にして「フィクションです」と
言ってしまえば何でも書ける。
.
ネタと書く腕さえあれば、
そんな方法もありなんだ。
.
私もネタ持ってるのよね。。。。
いつ表に出そうかしら。
切り札は小出しに、小出しに。
.
.
今日の季語「ものの芽」
春になるといろいろな植物の芽が出始めます。
それを総称して言ってます。

20150422

応援よろしくお願いします。

ここをポチッと押してください。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村







数霊を知りたい方はコチラ

まぐまぐ「かずたま俳句」

http://www.mag2.com/m/0001631813.html

季語の数霊から、必要なメッセージを伝えています。




募集中のイベント



4月末まで「お金のブロック解除無料体験」

  https://www.voicemarche.jp/advisers/212

|

« 桃の花 | トップページ | 春の川 »

コワっ・・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1488472/59738405

この記事へのトラックバック一覧です: ものの芽:

« 桃の花 | トップページ | 春の川 »