« 冬の月 | トップページ | 冬すみれ »

2015年1月16日 (金)

冬銀河

私は病気を経験するまで、
「できない」人の気持ちがわからなかった。
.
できないなんて、単なる怠慢だろうと思っていた。
.
いろんな「できない」が襲ってきて、
病気による最大の学びは、
努力じゃどうにもならないこともあるし、
「できない」も認めよう
ということだったかもしれない。
.
それは、俳句を作っていても思う。
.
俳句は努力で作るものではない。
おそらく、モノづくりをする人はみんなわかっている。
感性。感情。右脳と言ってもいいかもしれない。
それらが揺さぶられなければどうにもならない。
.
仕事で納期を守るのとはわけが違う。
コツコツ続けられるのは理想。
でも、いい作品ができなかったとき、
世に出さない潔さも必要だと思う。
.
それがわからない人は、右脳を磨いてみたらいい。
価値観が広がるだろうから。
.
今日の作品は、素敵なコメントをいただいたお礼。


20150116


応援よろしくお願いします。

ここをポチッと押してください。





ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村







数霊を知りたい方はコチラ

まぐまぐ「かずたま俳句」

http://www.mag2.com/m/0001631813.html

季語の数霊から、必要なメッセージを伝えています。

|

« 冬の月 | トップページ | 冬すみれ »

恋の句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1488472/58605090

この記事へのトラックバック一覧です: 冬銀河:

« 冬の月 | トップページ | 冬すみれ »