« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

芒野

芒野や

おいでおいでと

死に誘ふ

これは箱根だったと思う。広大な芒野腹を見ていたら、芒の手が手招きしているように見え、しかもその先が死のように、寂しく思えた。

2002年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

居待月

がむしゃらを

時には忘れ

居待月

私はバリバリ仕事をしているのが好きだ。スイッチが入るとついつい男のように頑張ってしまう。

でも、時にはそれを忘れてのんびりすることも必要。のんびりと座って月が昇るのを待つように。

2006年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

風邪

風邪の子の

やうに男は

身を丸め

男の人って意外と弱い。この季節は風邪を引きやすいけれど、風邪なのか、何か他の理由なのか、寂しそうに背中を丸めている男が余計寒そうに見える。

2001年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

みちのくの

真白き雪や

人想ふ

北国の雪は、ふわふわで真っ白なきれいな雪だ。その純粋さは、人を思う気持ちと何処か似通っている。

2008年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

山の秋

山の秋

押し黙ること

教へられ

どこの山へ行ったのかは忘れたが、山は寒くなるのが早い。

きっと、寒くて寒くて襟を顔まで覆って、「とにかく早く」登るか下山か、という状況であったのだろう。

しゃべるということは、平和な証拠かもしれない。

1999年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

秋晴れ

秋晴や

水の優しき

恐山

恐山に初めて行った時の句。恐山って名前からしておどろおどろしいところだと思っていた。

しかし、実際に行って見ると、湖の水は実に静かで、美しいところだった。

冬はまた全然違う顔を見せるそうであるが、秋晴のこの日はとてもキレイだった。

2008年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

吾亦紅

つよくつよく

つつみかくさず

吾亦紅

吾亦紅という花は面白い形をしている。

あんなに細い茎の先に重たげにぼんぼりのような花(花なのかな?)をつけている。

その姿を見ていて、とてもたくましさを感じたのだ。ありのままの姿で、しっかり生きている。弾力性があるからこそ折れない。

何かいろいろなものを感じ取った。

1998年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

炉開き

炉開きや

帯見せ合ふて

かしましき

お茶には「炉開き」という行事がある。夏が終わって涼しくなると炉を開けるのである。

みんな久しぶりの炉を囲んで、いろいろおしゃべりが始まる。着物を着ていると話は着物に及ぶ。「あら、いい帯ね~」などと始まるのである。

2010年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

マフラー

格子マフラー

一等席の

コンチェルト

この頃チェック柄のマフラーをよくしていた。

月に1回は音楽を聴きに行ったり、ミュージカルを見に行ったり、そんなことをしていた。

1997年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

灯火親しむ

灯火親しむ

亡き人の書を

師と仰ぎ

私は本が好きでよく読む。

偉業を成し遂げてきた人たちの本は時代がたってもとても参考になる。逢ったことのない人たちだけれども、文字に残すことで、私は師と仰ぐことができる。

本はとてもいいものである。

2005年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

秋思

千本鳥居

前に後ろに

秋思かな

これは伏見稲荷に行った時の句。

延々と鳥居が続いている。その中に入っていると異次元の迷路に迷い込んだ気分になる。そして行っても行っても抜け出せない気分になってくる。

不安な気持ちになってくるのだ。

2006年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

夜長

秒針の

音よく響く

夜長かな

秋の夜は、夏と違ってとても静かに感じる。虫がたくさん鳴いているのにとても静か。

そして、身の回りのちょっとした音がとてもよく聞こえる。

普段は聞こえない時計の秒針はまさにその代表例。

2002年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

十三夜

人待てば

をんなでありぬ

十三夜

会社でバリバリ仕事をしていても、アフターファイブで人を待っているときは女の顔に戻っているのだ。

・・・という想像の句を作ってしまった。

2007年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

秋晴れ

秋晴れや

夢を叶えし

女の貌

これはヤワラちゃんが金メダルを取った時に作った句。

私はちょうど旅行に出ていて、旅館で他のお客さんたちと一緒にテレビを見ていた。

ヤワラちゃんのすがすがしい笑顔がよかった。

2000年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

腕組みを

うながす秋の

桂浜

初めて四国に旅行に行き、桂浜に行った。

龍馬もきっとこうやって腕組みしたんだろうとやってみた。広い太平洋を見ながら何を思っていたのだろう。

2007年

よかったらポチッと

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »