« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

焼いも

焼いもを

二人で分けし

この辺り

もう20年以上も前の話だが、鎌倉に行った時の句。

銭洗い弁天の前に焼き芋のトラックがあった。みんな買っていたので、食べたくなった。一本がとても大きくて、二人で分けて食べた。

2007年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

秋晴

秋晴や

窓拭きなんぞ

してみるか

いい天気だと、いろんなことがしたくなるが、まずは空を見上げた時の一番目の前にある窓をキレイにしなきゃという気分になる。

2006年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

夜学

亡き人の

書を師と仰ぎ

夜学かな

誰の本かは忘れてしまったが、俳句についてだったのか、人生訓だったのか、いい本からは得られるものが多い。

2005年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

花疲れ

週明けの

足裏に残る

花疲れ

私は桜の花が大好きで、毎年どこかしらの桜を見に行く。でも、桜を見るためには大抵広い敷地を歩き詰めになるし、人疲れも手伝って、かなり疲れる。

2003年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

夏祭り

夏祭

みちのくなまりの

警備員

青森のねぶた祭を見に行ったときの句。東北訛りは何故か人を和ませる。警備員さんは人ごみを仕切っていて、ときに怖かったりするけれど、東北訛りでちょっと親しみが持てた。

2002年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

梅雨

決裁を

逐一取って

梅雨兆す

会社にはいちいち面倒くさいシステムがある。「うっとうしい!」という表現がピッタリ。

2007年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

日焼け

銀時計

灼けた男の

腕光る

私は男のゴツゴツした腕が好きだ。そこに、ゴツゴツした腕時計がはめられているのもいい。スマートな時計よりは、銀色の分厚い時計のほうがよく似合う。

2000年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

鵜飼

働き者

なまけ者ゐて

鵜飼かな

鵜の世界にも、よく働く鵜と、働いてるふりをする鵜がいるんだというのには驚いた。

2008年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

青嵐

鷹の子の

羽なめらかに

青嵐

鷹匠さんの家にお邪魔した。大人の鷹もいたけれど、まだ小さな鷹もいて、ひよこのようによちよち歩きと鋭い目がミスマッチだった。

1999年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

月鉾

月鉾や

国の大きく

揺らぎをり

祇園祭の時の句。月鉾は背が高いので、ちょっとの風でもてっぺんはゆらゆら揺れている。

この国の政治もゆらゆら揺れている。これを作ったときは誰が総理大臣だったときだろう。

2009年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

ソーダー水

行く船は

ソーダー水を

はき出して

友達と北海道に旅行に行った。これは知床の海だったとおもうが、真っ青な海に、真白いしぶきがとてもきれいだった。

1998年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

燈籠流し

燈籠流し

見送りの

エアポートとも

京都の大文字焼きの時に、嵐山で燈籠流しを見ていた。

先祖の魂を流している様子は、東京に住んでいる子供が久しぶりに故郷に帰ってきて、また東京に送り返す親のような気分だった。

空港まで見送りに来て飛び立っていく飛行機を見ているような。

2010年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

川床

川床座敷

決して入らず

京の猫

夏に京都に行ったとき、鴨川のあたりはたくさんの川床が出ていた。

お客さんがおいしそうな料理を近くで食べていたけれど、猫はそれを眺めているだけで、決して座敷に上がったりせず、行儀よくしていた。

さすが京の猫だと思った。

2009年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

夕立

気のせいの

やうな夕立

君は来ず

最近はゲリラ豪雨が多いけれど、ほんの一瞬パラパラと夕立が降ることもある。

もしかして今来てたかも・・・

遠く離れている人が、もしかして逢えたらいいけれど、いるわけないか・・・という感じの句。

2008年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

百日紅

寺に生れ

まっすぐに咲く

百日紅

さるすべりは大抵曲がりくねった枝をしているが、京都のお寺の敷地で見たさるすべりはまっすぐな枝ぶりであった。

まるで、お寺で毎日お坊様のお説教を聞いているかのように、素直に伸びていた。

2006年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

八月

八月や

しぼんだ風船

ころがりぬ

八月はあまりにも暑くて、風船もげんなりしてしまう。

それがまた、暑くてだるい気分にさせられる。

2003年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

竿燈

腰おとし

竿燈あやつる

男かな

秋田の竿燈祭を見に行ったときの句。

威勢がよくて、「男の祭」という感じだった。

今年は震災があったけれど、東北の各お祭りが復活してくれて嬉しい。

2002年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

花芙蓉

美しく

経る人や

花芙蓉

これはどなただったかは忘れたが、かなり年配の女性が和服を着ているときに思った句。

すごく物腰柔らかで、素敵な年の重ね方をしていると思った方がいた。

2000年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

競べ馬

競べ馬

白は気位

高きかな

乗馬を習っていたことがある。

たくさんいる馬の中に1頭だけ真っ白な馬がいた。自分でもわかっているのか、その真白さを自慢しているかのようにつ~んとしていた。

1998年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

新涼

新涼や

熟睡明けの

読書して

やっと秋らしくなると、じっくり眠れる。熟睡した翌朝は気分もすっきりして読書にはもってこい。

1997年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

風炉

風炉の音の

静かになりぬ

午后の茶座

お茶を始めて作った句。

午前中は炉にくべた炭が勢いよく燃えているが、午後になると静かになってくる。

午前中とはまた違った座の空気になる。

2010年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

山車

キリコ山車

けんくわのごとく

担ぎたり

能登のほうの七夕祭で、キリコ山車というものが出る。五所川原の山車に似ているだろうか。

とても背の高い山車。

各町内ごとに工夫を凝らした山車を出して、戦のごとく勢ぞろいする。その姿はまさに男の祭。壮大である。

2008年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

愁思

ダリの時計

ぐにゃりと折れて

秋思かな

ダリの描いたグニャグニャの時計を見ていると、世の中の不条理というか、一筋縄ではいかないことがいろいろ思い起こされて、溜息が出てくる。

もっとすっきりいかないものかなと思い巡らせる。

2006年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

新豆腐

京ことば

耳傾けて

新豆腐

私は京都が大好きでよく行く。お客さん向けに話している京ことばはどこか作った感じがするが、お店に入って、店員さん同士が話しているのを聞くととても魅かれる。

お料理に入っている新豆腐のような、新鮮で、真っ白で美しい感じ。

2002年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

蝉しぐれ

夕暮れて

シャンプーの香に

蝉しぐれ

土日とか、一日家にいる日は早めにお風呂に入ることにしている。

お風呂から上がってもまだ明るい時間で、蝉も元気に鳴いている。

2000年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

夏空

満員電車

夏空泳いで

帰りたし

毎日通勤電車には悩まされる。窓の外を見ると真っ青な気持ちよさそうな空。

「気持ちはわかる」と句会のメンバーに言われた。

2006年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

鳴く蝉の

絶へずしてふと

方丈記

蝉が絶え間なく鳴いているのを聞いていたら、ふと方丈記の出だしを思い出した。

「ゆく川は絶えずして、しかももとの水にあらず」

蝉も一緒だなーと思った。

2010年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

サマーセーター

サマーセーター

石鹸の香の

抜けてくる

サマーセーターは編み方がゆるくて、風通しがいい。

風が入るのと同時に、着ている本人の香りも漂ってくる。石鹸のいい香りがして爽やかだった。

2007年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

氷菓

妙案の

浮かばざりしや

氷菓食ふ

何かいい案を考えなければと、考えれば考えるほど浮かばない。暑い日だったりすると余計浮かばない。

そんな時は、アイスを食べて気分転換するに限る。

2001年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

蝉衣

一茶碑は

つひの栖か

蝉衣

長野の一茶の里に行った時の句。

一茶の句碑があって、そこに蝉の抜け殻がくっついていた。

1999年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

山鉾

女人禁制

山鉾にある

誇りかな

京都の祇園祭を見に行ったときの句。

鉾の中には原則として女性はいれてはいけないという決まりがあるらしい。それでも、現在ではだいぶゆるくなって、見せてくれる鉾も多いが、山鉾は誇り高き鉾であった。

女人禁制などというと、反対する人もいるが、私は伝統文化として残しておいてもいいのではないかと思っている。

2009年

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »