« みつばち | トップページ | 破魔弓 »

2011年4月 4日 (月)

片蔭

あこがれや

片蔭に抱く

ビジネス書

私はちょっと前まで仕事の句がまったく作れなかった。

私の結社誌でたまに「若手競詠」特集がある。だいたい10数名いて、みんなサラリーマンだったり、子育て中の主婦だったり、自分が日常中心に行っている仕事というものが見えてくる句を必ず入れてくる。

でも、私ひとり風変わりな句ばかり作っていて、きっと人から見ると「この子は普段何をしている子なんだろう」と思われていただろう。

そんなコンプレックスを抱えていて、やっとできたのがこの句。

昨年くらいからビジネス書を読むのが好きになったが、その少し前、夏の暑い日でもビジネスマンは難しい本を抱えて公園の日陰で読んでいたりする。あんなの読めたらかっこいいだろうな~なんて思っている頃、この句ができた。やっぱり興味を持つことが大事なんだと改めて思った。

この句で賞を取ることができて、ちょっとほっとした。

2010年

|

« みつばち | トップページ | 破魔弓 »

OL目線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1488472/39491553

この記事へのトラックバック一覧です: 片蔭:

« みつばち | トップページ | 破魔弓 »