トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

雪女郎

雪女郎

交ふ血潮の

熱きかな

私は変わった句もよく作る。雪女郎とは雪女のこと。

この世にいないものを詠むなんて難しい反面面白い。

この句の雪女郎は自分に見立ててみた。

私は会社ではわりとアウトサイダーな位置にいるけれど、すべてが外れているわけでもないのに、という想いが当時あったのだろう。

冷たいと思われている雪女郎だって、みんなと同じ暑い血が通っているのに。

そんな思いで作った。

2000年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

牡丹雪

遠き恋

新しき恋

牡丹雪

俳句をやっている人の年齢は概して高い。だから恋の句を作る人はあまりいない。

何となく、「私が作らなければ!」みたいな使命感を背負って、ついつい作ってしまう。

この句は、降っては消え、降っては消えしている雪を見ていたら、「こんな風にいろんな恋があったな~」なんて思って作った句。

牡丹雪なので、ふわ~っといい思い出ばかりです!

2008年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

水涼し

水涼し

神が創りし

巌(いわ)の碧(あお)

初めて賞を取った句。上野市で行っている芭蕉祭顕詠俳句大会で入選だった。

たかが入選でも、まだ俳句を始めて日の浅かった私には「私の句は全国で通用するんだ」と、とても自身が持てた。

これは、北海道旭川に旅行した時の句。

カムイコタンの辺りに行くと、岩が青くて、まるで神様がお創りになったようと感じたのだ。

1998年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

鑑真忌

鑑真忌

おのれの使命

問うてみる

私の誕生日は鑑真忌と同じ日である。そのせいか、私はこの季語でよく句を作る。

特にこの句には思い入れがある。

私はこの頃大病を患って、「生きている」のではない。「生かされている」のだと思った。人は自分の使命を果たすまでは死なないと聞いたことがある。では、私の使命とは何なのだろう。大きな使命を果たした鑑真と重ね合わせて、私も何か大きな使命を果たさなければいけないのかもしれない。そんなことを思って作った句。

2006年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

春時雨

春時雨

ちひろの絵の子も

傘をさし

私がまだ俳句1年生の時に作った句。

いわさきちひろ美術館に行くと、かわいらしい子供の絵がたくさん飾ってある。その中に、傘をさして楽しそうにしている子供の絵があった。

ある日、優しい春時雨が降っていた。私はふと、その時のちひろの絵を思い出した。

1997年

| | コメント (0)

トップページ | 2011年4月 »